☆休符が繋ぐ声と声☆

こんちはッス♪

昨日は、静岡街中にある”ボイストレーニング”に話し聞きにいってきた。

“USボーカル教室”ってトコ。

プロ思考ってよりは、歌を上手に歌える様になって音楽を更に楽しみたい人 対象かな〜。

と、いうか、レベルやモチベーションに対応したレッスンをしてくれる。全国展開してる大きな会社です。

俺が、20歳頃に通ってた “東京のNOAボーカルアカデミー” ってボーカルスクールの系列なので 何となくイメージが似てるかも。

行ったら、男性の講師の方が、ボイトレしてくれた。

口元から、20cm、50cm、1m。

まずは、深く息を吸い込んで、各距離に合わせるイメージで、息を吐く。

口は少しだけ開いて、スゥ〜 って吐く。

近い距離の場合は、出来る限り弱く。

遠ければ、出来る限り強く。

そして、完全に 吐ききる所まで、一定に保つ様に集中する。

懐かしいなぁ〜。

やってみてくれたら わかるけど、意外と難しいよ。

特に、息を弱く一定に吐き続けるのは 難しい。

それが、実際 歌を歌う時にも 使えると、言葉のニュアンス、表現を つけれられる様になる。ようは、強弱がつけられる。

腹式呼吸が 何で必要って言われるか。

それは、呼吸する為じゃなくて、呼吸を一定に保つ為。

例えば、カラオケが 上手な人って、声量は 少なくても、伸ばすとこは、テンポにそって、しっかり伸ばす。

伸ばしてる最中も、声じゃなくなるまで 声量が一定。

意識しすぎると、次のフレーズの一言目が 遅れたりするから気をつけて。

それだけでも、だいぶ安定感のある、聴きやすい歌になる。それも、呼吸が安定してる証拠だからね〜。

俺が、今自分自身に必要なのは、歌声として、使える声を増やす事。

ようは、どのキーでも、呼吸を安定させられる事。意識せず、無意識で。

講師の方には…

“インストラクターになる為のレッスンをしてもらえないですか?”

って伝えといた。

いつかやりたいわ。本当に。

多分、その内、通う事になると思う。ゆっくりね〜。

でも、実際なってみると、続かない人が多いんだってさ〜。せっかく資格とったのに もったいないよね。

何でだろうね。

ダンサーさんとかは、自身も現役バリバリの中、講師をしてる方が多い。

でも、歌の方は、過去はバリバリやってて、何かの転機により、裏方としてインストラクターを やってる人の方が多い気がする。

歌い手より、ダンサーさんの方が 多い理由も、そこら辺にあるのかな。

ま、とにかく日々勉強ですね。

色々と見つめ直す時期に レティゴ☆

さ〜今日も フレッシュを目指しましょう〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。